駿馬ではない、駄馬でもない

そんなにんげんなのです。もっとわがままになりたいです

私がアイドルを好きになった話

早速、趣味の話を書きたいと思います。

私の趣味…というより好きなものの1つとして「アイドル」があります。現在はNMB48を中心に見ています。次はどうなるか分からないのですが……

後で、どんなグループやメンバーを見てきたかは記事にしますが、今回は「私がどのようにしてアイドルを好きになったのか」というお話をしたいと思います。

アイドルを初めて見たのは4歳か5歳。当時、幼稚園児だった私はテレビを見るのが好きでした。親がテレビ好きだったので、自然とテレビをよく見る子になっていたのです。そんな時に世間を賑わせていたのは「モーニング娘。」…。日曜朝のハロー!モーニング内のハロモニ劇場を見て、当時の私が思ったことは…

「この人たち、面白いなぁ!!」

そう。歌って踊るアイドルが素敵とか可愛いとかいう感想よりもコントをしているアイドルが面白いという感想が先に出てきたのです…。たしか、ゴマキさんとか石川さんとかを可愛いではなく「面白い」と思ってい…いや、全員か←

そんな「笑い」という入口からアイドルを知り、歌とパフォーマンスは後から続くというスタイルはその後の人生(とはいえ15年くらい)も一緒の過程を繰り返してアイドルを見ていくことになる……(48、スタダ、℃-uteなど…。詳しくは今後書きます)。ほとんど、バラエティー番組やドラマ関連で入ってる気が………

モー娘。では飯田圭織さんが好きでした。今の'16、'17では譜久村さんが好きです。初めて買ってもらったCDはミニハムずだったはず…

多分、ハロモニを毎週見ていた頃の私には、15年後くらいしたらイベントに行くほどアイドルにハマっていることなんて想像出来なかったはず…(その時5歳だものね!!)