読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駿馬ではない、駄馬でもない

そんなにんげんなのです

好きになったアイドルの話(あと数日でも)

4月になりました。大学の授業も始まり、忙しい毎日を過ごしています。

あと数日で卒業してしまう、上西恵ちゃんについての話をここに残しておきます。

上西恵ちゃんは人生の恩人のうちの1人に等しいです。辛いことや苦しいことが多かった高校生の時間に彼女の活躍を見て元気をもらっていました。元気だけでなく、生きる気力とも言えるでしょうか。どこが好きなのかと聞かれたら、私は迷わず「全部」と答えてしまうほど彼女が好きです。可愛い、綺麗といった容姿も優しい、変(?)といった性格も悩んでる姿も大好きです。

序列という考え方をあまり気にしない私は、握手会などで応援の言葉をかけることは無かったです。そもそも、握手会に行く回数及び枚数がとても少なかったので、気楽に話そうくらいにしか思わなかったという……

卒業発表があった時はそんなに驚かなかったです。アイドルも永遠にアイドルをしていく使命がある訳ではないですし、「卒業」「引退」「解雇」ありきの職業だと思うのでショックは少なかったです。「お疲れ様でした。ありがとうございました」という気持ちでいっぱいでしたよ。

写真集発売イベントで「今まで支えてくれて、ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることが出来て幸せでした。笑顔で「こちらこそありがとう!支えてくれて」という一言をもらってしまい、少し体が震えました。普通に寂しいんだと思います…

あと数日のアイドル人生を見る時間が限られているのですが、最後に上西恵ちゃんを見た時に「出会えて良かった」と言いたいです…